ドッグフードの歴史

日本でも犬は古くから飼われていて、その従順な姿勢から飼いやすい動物としてペット第一位の地位をずっと守ってきているのです。長らく日本では犬に与える餌としては人間と同じものが与えられてきました。というよりも余り物であったり食事のついでに出た残り物などでもあったのです。その歴史が長く、犬専用の餌というのは日本ではその発想すらありませんでした。 それは世界でもそれほど事情は変わるものではなかったのですが、米国で第二次世界大戦が始まるまえに、犬用のビスケットが作られたのがその始まりとされています。もっとも犬の嗜好に合わせた食べ物というよりもどちらかというとペット文化が進んだ米国ならではの発祥の歴史といえるのです。

生活が向上すると人々の生活レベルも向上します。一般人の生活が豊かになった最初の国はやはり米国でしょう。生活が向上すると趣味趣向の世界が広がりますし、その中には当然ペットという選択肢もあったのです。ペット産業の広がりとともに、多くのブリーダーが誕生し、さらに多くの犬を抱えるようになり、その犬の効率の良い食事方法というのが大きな問題となっていったのです。

そしてついに誕生したのがドッグフードであり犬専用の餌ということです。人工的なものになりますが栄養価の高い餌を与えることで犬の品質があがりペット産業の成長に大きな影響を与えたのは間違いありません。日本に初めて登場したのは1970年代ということですが、それからはいたってドッグフードは順調に成長してきたということです。

◎特集
どんな種類の犬にも安心して与えられる無添加ドッグフードの通販サイトです → ドッグフード通販サイト

Copyright © 2014 ドッグフードで犬は健康になる? All Rights Reserved.